国内飛行機の行先

日本には100箇所近くの空港と飛行場があります。特に飛行機の離着陸の数が多いのは北海道では新千歳空港や函館空港、関東では東京国際空港(羽田空港)や成田国際空港(成田空港)、中部地方では中部国際空港(セントレア空港)、関西地方では大阪国際空港(伊丹空港)や関西国際空港(関空)、九州・沖縄地方では福岡空港や那覇空港などが代表的です。飛行機専用の飛行場の他にもヘリポートや自衛隊の飛行場なども合わせると飛行場がない都道府県は京都や山梨などの10府県のみとなっています。
国内線での利用者が最も多い空港は東京国際空港で、特に羽田ー新千歳間、羽田ー福岡間、羽田ー伊丹間は特に国内線の便数が多くなっています。
関東で言えば国際線は成田空港というイメージが強いですが、羽田空港は国際線ターミナルを増やす、発着枠を増やす、日本発のトランジットホテルを併設するなどの対策をとり、国内のハブ空港としての役割を強化する方向を打ち出しています。